担当者 失敗

住宅リフォーム担当者の対応の注意点

担当者の失敗 | リフォームの注意点

リフォームの出来映えはとても重要です。その出来映えによって快適な暮らしができるのかどうかがかかっているからです。

 

リフォームは一度してしまうと、簡単にやり直しができるものではありません。なのでリフォームは、信頼出来る業者に依頼したいものです。

 

信頼できるのはどこか?

 

そりゃあ大手。ということで、リフォーム時には、「大手の会社に依頼しよう」と考えている方も多いと思います。

 

しかし、大手の会社でも担当するスタッフによっては、「ここに、依頼しなければ良かった」と後悔してしまうこともあります。

 

リフォーム業者は数多くありますが、その業者にはそれぞれ営業スタッフなどの担当者がつくことになります。

 

同じ業者に依頼しても、担当者によっては感じ方も変わってくるのです。

 

そのため、担当者の対応には十分注意が必要です。

 

たとえば、質問をした際、適当な返事をしている、曖昧な返事をする、内容を理解していないなど感じた場合には、担当者を変えてもらうことが必要かもしれません。

 

また、利用業者そのものを変えることも検討する必要があるでしょう。

 

安心して工事を任せるためには、やはり親切で内容をしっかりと理解してくれる担当者がいることが重要です。

 

良い担当者であれば、相談などもしやすいですからね。

 

良いことばかり言う担当者ではなくデメリットなども話してくれる担当者であれば、より信頼出来るでしょう。

 

このように、住宅リフォーム注意点としては、どういった担当者がつくかも大切となってきます。

 

「この人、頼りないなぁ」と感じた時には、担当者を変えてもらう、業者を変えることも考えた方が後悔のない工事が出来るでしょう。

 

ただ、現実問題、いざ話が進んでいくと途中で担当者を変えるなんてなかなか言い出しにくいもの。

 

そこで、顔を合わせる前に事前に分かる方法があります。

 

それは、ホームプロなどのリフォーム業者紹介サービスを使う方法です。

 

ホームプロなどのサービスを使うと、事前にメールでやり取りをしますので、なんとなく肌が合いそうかどうかがわかります。

 

完全に無料で使えるサービスなので一度使って見ると良いと思います。